FC2ブログ

【トビタテ!JAPAN】イギリス・デザインカレッジ3週間 in ロンドン(高校3年・女子)

◆◆◆「トビタテ!留学JAPAN*」の奨学金を利用して2016年夏、21日間のイギリス・ロンドンアート短期留学に挑戦したYさん(高校3年・女子)の体験談をご紹介(抜粋/要約)◆◆◆
*「トビタテ!留学JAPAN」とは…意欲と能力ある全ての日本の若者が、海外留学に自ら一歩を踏み出す気運を醸成することを目的として、文部科学省が2013年10月より開始した留学促進キャンペーンのこと。
アズ留学センターは、トビタテ!留学JAPANの「日本代表プログラムの主旨を理解し応募要件を満たすプログラムを有している留学エージェント」の一つです!集要項等、詳しくはこちらのサイトからチェック!http://www.tobitate.mext.go.jp/

留学先:「ロンドン芸術大学セントラル・セントマーチンズ College of University of London Central Saint Martins」
参加コース:「Fashion Design for 16 to 18 Year Olds」2週間
「Fashion Sketchbook for 16 to 18 Year Olds」1週間
滞在方法:ホームステイ(個室・毎日2食付き)
コース:2016年7月-8月(21日間)
現地サポート:申し込みあり

セントラル・セントマーチンズ3ファッション
ファッションデザインコースの校舎
セントラル・セントマーチンズ2sketchブック
ファッションスケッチブックコースの校舎
●学校「セントラル・セントマーチン」を選んだきっかけ
ファッションを学べる大学として世界一の評価を受けている学校だから。
●学校について
とても開放的でのびのびしていた。
●ホームステイについて
イギリスの食事については、いい評判をきいたことがなかったが、大変美味しかった。ただ1つ1つが高カロリー&ヘルシーなものが少ないので、ホストマザーに果物を買ってきてもらったり、外でフルーツポット(フルーツサラダ)を買ったりして、ビタミンの摂取に気を使った。ロンドンでは室内で常に音楽を流すのが当たり前の様で、良い文化だと思った。
●感想
<持っていくと良いと思ったもの>

浴衣、室内用スリッパ(家の中用&シャワー用)
<持参しなくてよかったと思ったもの>
洋服14着は多すぎた。不足なら現地で調達すればいい。3日分で十分。
<参加期間の長さ&また参加したいか>
短かった。3-6カ月くらいが良かった。
<総評>
将来の目標達成に向けて、たくさんの乗り越えなければならない壁を見つけた。保守的で同調を求めてばかりな自分に気付き、変えたいと思ったが、自分を変えられず帰国の日が近づき、とても悔しい思いでいっぱいだった。目標達成の為には、必ず乗り越えなければならない壁だから、今後1年以上の留学を考えている。イギリスに行ってはじめて日本人デザイナーの偉大さに気付いた。
●保護者からの感想
留学前は、メールおよび電話にて質問事項にも丁寧に答えて下さり助かりました。松下さん自身の経験からのアドバイスも良かったです。留学中は、現地からの報告も転送下さり、第三者的視点で状況を把握することが出来ました。
3週間という長さから、現地用のお金を現金で持たせるのは不安もあり、カード会社に問い合わせると、留学などの事情がある場合は未成年でも家族カードとしてカードが発行できるという事で、何とかカードを間に合わせて出発しました。

Y.Tさん、保護者様、体験談をありがとうございました(*^▽^*)全て英語で行われる専門的なレッスンに日本人お一人で参加して、とてもがんばったことと思います。
Yさんの熱い思いが今後の夢をかなえる力になりますように!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
お問い合わはアズ留学センターへ
フリーダイヤル/TEL.0800-888-6188(通話料無料)
メール相談&カウンセリング予約はこちらから
HP:http://www.az-ryugaku.com/
公式ブログ「留学日和」:http://azryugakucentre.blog56.fc2.com/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する